2019|鹿児島都市農業センターひまわり畑の見頃時期・開花状況とアクセス方法【鹿児島県】

 

鹿児島都市農業センター|ひまわり畑の見頃時期

 

鹿児島県都市農業センターのひまわり畑の見頃は、7月中旬~8月上旬ごろとホームページに記載がされています。

園内は3つのエリアに分かれており、総敷地面積は約30ヘクタールとなっています。そのうち、ひまわり畑があるのは「ふれあいゾーン」の中にある「四季の花園」と呼ばれる場所になっています。

約8,000平方メートルある花壇に植わるひまわりは夏の風物詩として鹿児島市内では人気の場所の一つです。

 

鹿児島都市農業センターの開花状況

※2019年7月5日更新

公式HPなどで開花の様子は掲載されておりませんが、あと2週間ほどで例年であれば見頃を迎える時期となります。

最新の開花状況はお問い合わせくださいとの記載がHPにございます。

下記画像は、2018年8月4日に撮影されたものです。園内のひまわりはすべて満開に咲き黄色い絨毯のような景色を作っていました。

 


引用:鹿児島市役所公式HP

 

鹿児島都市農業センター|ひまわり畑の基本情報

スポット名 鹿児島都市農業センター(公式HP
住所 鹿児島県鹿児島市犬迫町4705番地(Googleマップを開く
営業時間 8:30~17:00
休園日 年中無休(年末年始を除く)
料金 無料
ペット入園 不可

 

イベント・スポット情報

ひまわり畑が造られている農業センター内にある「四季の花園」は年3回、季節の花を栽培しております。春は「菜の花」・秋は「コスモス」を栽培し、春〜夏にかけて綺麗な景色に出会うことができます。コスモスは約30万本が栽培される予定となっています。

ひまわりは約9万本が植えられ、2019年は8月12日(月曜日)まで栽培が行われます。期間を過ぎたあとは、秋の花コスモスの栽培に向けて準備が始まりますので、お出かけを予定されている方はご注意ください。

また研究施設の一部のため、飲食施設等はございませんので夏の日差しのもとの鑑賞の際は飲料水等の用意をお忘れなく。

ふれあいゾーンのもう1つの見所は「水生植物園」です。約2,000平方メートルの敷地内に、大賀ハス、スイレン、ハナショウブなどが栽培されています。4月下旬から8月上旬までが見頃となりますのでひまわりと一緒に是非鑑賞をお楽しみください。

全3エリアあるうち、一般の方は入れるエリアはふれあいゾーンの他にもう1つ「市民農園ゾーン」となっています。市民農園ゾーンでは、有料で畑の貸出を行っている他、レストラハウスや農機具の貸出も行っております。畑は1年単位で契約可能です。

園内では、植物の栽培試験を行っているためペットの同伴は不可となっております。

 

引用:鹿児島市役所公式HP

 

 

 

鹿児島都市農業センターのアクセス方法

車のアクセス・駐車場

鹿児島都市農業センター:鹿児島県鹿児島市犬迫町4705番地(Googleマップを開く

最寄りのインターチェンジ:鹿児島北I.C

駐車場:あり。440台

 

 車で行く場合

車で向かう場合は、九州自動車道の鹿児島北インターチェンジを降りた後、国道3号線を走り向かいます。距離は約7キロ、11分ほどの道のりとなります。

駐車場は第1〜第4と展望台駐車場の5ヶ所を含めて、計414台が停められるようになっています。

 

 

電車〜バスのアクセス

電車で向かう場合は、最寄り駅はJR鹿児島駅となります。鹿児島駅からは土日のみバスが運行しており、「鹿児島駅前発」→「健康の森公園・都市農業センター」行きに乗車すると向かうことができます。運行会社は「鹿児島交通」となっています。

時刻などの詳細は鹿児島交通へお問い合わせください。電話:099-247-2333

土日以外は公共交通機関がないため、車でのアクセスがおすすめです。

 

みんなの写真集

 

提供:もさむ
時期:7月下旬

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です